ブログ

自分の為の子供の人生観

子供の人格と親は違う

『子供の為』とは本当に子供の為になっているのでしょうか

子供の気持ちなんて、親だけではなく、誰にもわからない、知らない。

親が見た 感じた

子供の姿を嬉しい…  と喜びを感じたら、それが子供の幸せに繋がるのかな。

自分軸・・ 自分がどう感じるか

どうなっていたいか

それは決して、子供がどうなっていてほしいかを願うのではない。

その親自身がどうなっていたいか・・・・・  

他人が考えた幸せの形に子供の幸せを当てはめる。

・いい大学に入れば、いい人生が待っている。

・金持ちは勝ち組

・継続は力なりと思い込んで、子供が好きではない事、やりたくない事でも無理して、しがみついて続けさせる。 「すぐ諦める子になる」「努力をしない子になる」「ここで逃げるなら、この先なにをやっても無理」と根拠もない的外れな助言を信じ込み投げかける。

・自分と子供の幸せの価値観が同じと思い込む。

日本人の多くの方が、過去の集団的な人に合わせる共同体が創った暗黙の絶対ルール【潜在意識の集合体】を正論として、疑いもなく、子供達に教授する。

『あなたはそのままでいいよ。 どうなりたいのかをイメージして進んだらいいね』

と子供達に言ってあげたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です