ブログ

『あの人の身になって考える』という行為ではなく、感情に任せてみる。

あれから・・

あれからとは

私が『気づき』をもらってから

3年過ぎました。

いろんな事が目まぐるしく起きました。

これもすべては  『出来事』 です。

あの

3年前から

明らかに変わったことは

人が話す辛く悲しい体験談に

涙が出なくなったことです。

つまりは自分の心が

その人の身の上話の苦しい悲劇の現実や過去、

その人の問題を自分に当てはめなくなったということ。

理解してあげるという傲慢な思い上がりが消えた。

その人の『出来事』として、受け止めることができている。

だから、どんな悲しい話を聞いても心がぶれなくなった。

そして

クライアントの

『闇から出た』とか

『新しい世界を築くことができた』

『考え方が変わった』

などの飛び上がる朗報に

予期せず涙があふれます。

涙が出たから

感情が明らかになる

そして思考に結びつく

【喜び】 は感情をこれほど揺さぶるのかを実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です